誕生石

それぞれの生まれ月の宝石には意味があり、これを身に着けていると幸せが訪れると信じられています。
誕生石の由来は必ずしも明らかではありませんが、旧約聖書の「エジプト記」に出てくるイスラエルの祭司長の胸当てにはめ込まれた12種類の宝石、
そして「ヨハネの黙示録」中に理想郷として描かれた聖都の12 の城門の土台を飾る宝石に由来するもので、
これらはイスラエルの12の部族あるいは12の使徒の象徴とされています。これらが現在の誕生石の基礎となったわけですが、
その後、誕生石の種類は地域性や時代により他の宝石種に変わり、1912年にアメリカの宝石業界により定められた種類が、
今日、日本でも広く知られており、一般に用いられています。

  1. 1月 ガーネット

    貞操、真実、友愛、忠実

    ガーネット

  2. 2月 アメシスト

    誠実、心の平和

    アメシスト

  3. 3月 アクワマリン・サンゴ

    沈着、勇敢、聡明

    アクワマリン サンゴ

  4. 4月 ダイヤモンド

    清浄無垢

    ダイヤモンド

  5. 5月 エメラルド・
    ジェイダイト(ヒスイ)

    幸運、幸福

    エメラルド ジェイダイト(ヒスイ)

  6. 6月 真珠・ムーンストーン

    健康、長寿、富

    真珠 ムーンストーン

  1. 7月 ルビー

    熱情、仁愛、威厳

    ルビー

  2. 8月 ぺリドット・
    サードオニックス

    夫婦の幸福、和合

    ぺリドット サードオニックス

  3. 9月 サファイア

    慈愛、誠実、徳望

    サファイア

  4. 10月 オパール・トルマリン

    心中の歓喜、安楽、忍耐

    オパール トルマリン

  5. 11月 トパーズ・シトリン

    友情、希望、潔白

    トパーズ シトリン

  6. 12月 トルコ石・ラピスラズリ

    成功を保証する

    トルコ石 ラピスラズリ

PAGETOP