ジュエリーコーディネーターとは

今やファッションにジュエリーは欠かせない必需品です。その中にあって専門品に属するジュエリーの販売には、豊富な商品知識や専門知識を基にした適切なアドバイスやコーディネートにより、お客様に信頼と満足を提供していくことが必須となっています。
(社)日本ジュエリー協会は産業の基盤整備の一環として1997年にジュエリーコーディネーター検定資格制度を創設、ジュエリー産業の健全な発展と消費者の利益に資することを目的に人材の育成にも努めています。各級のテキスト・試験範囲にはジュエリー産業に従事するものにとって必要な要素が含まれており、資格取得から得られた知識は、ジュエリーの販売のみならず、製造、卸売りなどあらゆる職種に役立ちます。
全国で約7,000名のジュエリーコーディネーターが消費者との架け橋として活躍しています。

資格基準
  • ジュエリーコーディネーター3級

    ジュエリーコーディネーター3級ジュエリーの歴史、市場、素材、製造、商品、販売及びコーディネートに関する基礎知識をもち、消費者その他に対し説明、接客及び販売ができる。

  • ジュエリーコーディネーター2級

    ジュエリーコーディネーター2級ジュエリーの歴史、市場、宝石学の基礎、素材、製造、商品及び販売に関する高度な専門知識とファッション及びコーディネートの基礎知識をもち、消費者その他に対し提案、コンサルタント販売、在庫の効率化、人材育成、指導及び店舗運営の補佐ができる。

  • ジュエリーコーディネーター1級

    ジュエリーコーディネーター1級ジュエリーに関する高度な専門知識と高度な接客及び販売の実務技術をもち豊富な経験と見識で人材の育成、指導及び店舗運営ができる。

PAGETOP